バイト先での要請を拒絶しました

スーパーで私はアルバイトをしているのですが、
スーパーマーケットはある程度の資本がないと出来ないので、決して小さな個人商店ではありません。

組織体であるスーパーマーケットが、私からするととんでもない要請をして来たので、私は拒絶しました。

 

要請の仕方に腹が立った

あたかも当然のごとく、

「これに署名しておいて。」

・・・ってポイっと署名用紙を渡されました。

私が難色を示すと、

「名前をかけばいいのよ。」

ですって。

バイトの仕事と全く関係ないことに、当然の如く賛同して署名運動に協力しろというのです。

しかも、頼むのではなく、ぶっきらぼうな要請の仕方です。
私はそれにカチンと来たのです。

ゲンゾー
ゲンゾー

 

要請された内容

企業イメージを気にしてか、やたらとやりたがることがあるんですよ。
それが、SDGs

二酸化炭素削減の運動に署名しろというのです。

二酸化炭素削減の運動に署名

バイトしているからと言って、必ずしもスーパーと同じ政治的スタンスとは限らないでしょうに。

 

要請にむしろ私は反対

私は野菜売り場のバイトをしているのでなおさら反対です。
二酸化炭素を削減したら野菜が出来なくなってしまうでしょ。

昨今、野菜や果物の値段が高くなっています。
キャベツ一玉、398円!

こういう状況でどうしてCO2削減だなんて言うのか?
私には理解できません。

二酸化炭素の空気中の濃度

二酸化炭素の空気中の濃度は、0.04%しかありません。

無くなったら、生物は絶滅ですよ。

むしろ、増やす努力しなければならない
・・・というのが私の考えです。

だから、署名運動を拒絶しました。

バイトしているからと言って、なんでもいう事をきくと思っているのにも腹が立ちました。

ランキングに参加しています

ポチっとお願いします

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

このブログは私の日記です
ゲンゾー
ゲンゾー

ブログ管理者 ゲンゾー
節約・倹約をこころざしています。でも、つい無駄使いをしてしまい後悔しています。
野菜の栽培等の生活防衛の試行錯誤や60代で始めたバイトなどを日記につけていきます。

ゲンゾーをフォローする
バイト
タイトルとURLをコピーしました