バイト先のスーパーで叱られて泣く

バイト先のスーパーのチーフの斎藤さんは大概、不機嫌です。

朝、おはようの挨拶をしても、大概は小声でしか挨拶してくれません。
無視される時もあります。

斎藤チーフはなんかしら怒っている。

イライラしている斎藤チーフ

私とは親子ほどの年齢差があります。
斎藤チーフが心身ともに余裕がないのは想像できます。

そんな斎藤チーフから、すごく叱られましたヨ。
 

私が叱られた状況

スーパーは人手不足なのですが、野菜売り場はその中でもひどい状況です。

だから、私が斎藤チーフから叱られる時は、時間を無駄にしない様に、私がバックヤードに戻って来るのを斎藤チーフは待ち構えています。

でも、その時は違いました。
遠くから呼ばれました。

呼ばれるゲンゾー

こういう時は尋常ではありません。

 

私が叱られたミス

まず先に、私の言い分を記すと、スーパーでのバイトは忙しいので、あまり仕事の仕方を教えてもらえません。
だから、特に指示がなくとも自分で判断して作業をします。

その時も品出しようと店頭に運んだ函の中にバーコードのシールが入っていました。
それで、商品にそのシールを貼れという意図だと私は判断したのです。

品出しした枝豆

それでシールを貼って品出ししました。
 

叱られて泣く

斎藤チーフのもとに行ってみると、私が品出しした商品を回収していました。

これ、どこがダメなのか分かりますか?

私が品出しした商品を見せて、私を斎藤チーフは睨んでいました。

バーコードを張った商品

急に言われても分からなかったので私は無言でした。
すると、斎藤チーフは、私が貼ったバーコードを指して、教えてくれました。

バーコードが2つもあったら困ります。

つまり、函に入っていたバーコードのシールは、バーコードの上に貼れという意図だったのでした。

確かにそうですよね。
私は、朝一番の仕事は前日売れ残った野菜や果物を値引きします。

その折も既存のバーコードを打ち消すシールを貼って、さらに値引き金額のバーコードシールを貼っています。

そういう事をしていながら、一商品に二つもバーコードがある状態にしてしまったのは、私の明らかなミスです。

泣く

60歳を過ぎているのに、そんな判断も出来ないのか!

自分が情けなく涙が出てきました。

すると、あんなに怒っていた斎藤チーフは私の腕をさすって、
「そんなにしょげないで」って言ってくれました。

意外にも斎藤チーフが優しくしてくれるので、私はさらに悲しくなってしまったのでした。

ランキングに参加しています

ポチっとお願いします

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村

このブログは私の日記です
ゲンゾー
ゲンゾー

ブログ管理者 ゲンゾー
節約・倹約をこころざしています。でも、つい無駄使いをしてしまい後悔しています。
野菜の栽培等の生活防衛の試行錯誤や60代で始めたバイトなどを日記につけていきます。

ゲンゾーをフォローする
バイト
タイトルとURLをコピーしました